千里金蘭大学

千里金蘭大学

社会で生きる自立した女性を育てるための「女子教育」を理念に、創設から100年をこえる伝統を持つ千里金蘭大学。学科は食物栄養学科、児童教育学科、看護学科の計3つ。
現場を意識し確かな専門力を鍛える「動」と、最先端の理論を学ぶ「知」のバランスに優れた教育方法が魅力です。

豊かな自然に恵まれ、関西でも有数な文教エリアとして知られる吹田市に位置する。
千里金蘭大学は、医療に携わる一員としての確かな医療知識と看護技術を取得し、コミュニケーションを通して患者さんの思想を共有できる能力を養い、患者さんの立場に立ち、心の支えとなり、寄り添って信頼される看護職者の養成を目指しています。早い段階で行われる「早期体験実習」では、全学生が提携先の病院で看護現場を体験します。
実習病院は、最先端の医療技術や看護スキルの高い提携病院にて行われます。
夢を叶える実践的なプログラムでスペシャリストに、千里金蘭大学は医療や教育、生活に根ざした大学です。クラブ・サークル活動の充実の仲間と過ごす時間を大事にしているところも魅力的です。

伝統のある教育

100年をこえる「女子教育」の伝統

“社会に貢献したい”という女生徒の思いを古代中国の書物易経」の一節である『二人心を同じうすればその利きこと金を断つ、同心の言はその臭(かおり)蘭の如し』になぞらえて名付けられた金蘭という二文字。
新たな時代を担う女性を育成・サポートする女子大として今もなお歴史を刻み続けています。

徹底されたサポート体制があり教員の目が1人1人に行き届くよう、指導は徹底して少人数制で行われます。実践力へつながる演習を繰り返し、それぞれの適性を引き出しながら個性を伸ばしていく教育方法です。

歴史ある女子大学

明治38年、まだ日本に女学校がほとんどない中、狭き門を前にして入学試験不合格に泣く女子も多く、そうした現状を何とかしたいと立ち上がった大阪府立堂島高等女学校(現・大阪府立大手前高等学校)同窓会「金蘭会」により「私立金蘭会女学校」が誕生。
“志を同じくするものが協力し合えば、何事も成し遂げることができる。その言葉は、蘭の花のようにかぐわしい。”―――数名の女生徒たちによる「社会に尽くしたい」という崇高な志が、学び舎を創るきっかけとなり、100余年を経た今でも受け継がれ続けています。

建学の精神の柱に、「社会に役立つ知識はもとより、教養豊かな人間味を兼ね備えた女性人材の育成」を掲げており、
社会に出たからと言って“習ったこと以外は知らない”という女性ではならない、いつでも時代のニーズに応え、さまざまな社会の変化にも対応できる柔軟性を備えるべきだと、心の教育へも余念がありません。

下宿情報

千里金蘭大学周辺の主な賃貸物件は以下のとおりです。
オアシス笹川(学生マンション)<最寄り> 阪急千里線北千里駅<通学>  徒歩 約15分
<家賃>3.4~4.3
<平米> 16.2~16.2
サウスロード2(学生アパート)<最寄り> 阪急千里線北千里駅<通学>  徒歩 約15分
<家賃>3.9~4.5
<平米> 24.0~24.0
箕面アプローズ(一般アパート)<最寄り> 阪急千里線北千里駅<通学>  徒歩 12分
<家賃>6.5~6.9
<平米> 29.6~31.2

各キャンパスへのアクセス

阪急千里線「北千里」駅下車 …徒歩約10分。
地下鉄御堂筋線千里中央」駅 下車 …阪急バスで約10分。

広告を非表示にする